『なぜ男性と女性がいるのでしょうか?』

今月は、 “なぜ男性と女性がいるのですか? その違いから何を学ぶべきなのでしょうか?” ということをお聞きしてみました。 


男性と女性は、違うからこそ強烈に惹かれあうのです。
違うからこそ、喜びも葛藤もより深く体験することができる。
 
人生にドラマが起こるのです。
 
同じ性別同士としての体験、違う性別同士としての体験は、ともにとても大切なもの。
 
それを両方体験できる、ということが一番のポイントでしょう。
 

性別が異なること。
それは、永遠に分かり合えない、ということではありません。
 
分かり合おうとする姿勢を持つ、自分にはできないが、相手にはできることがあることを認め、その良さを尊重することを学んでいかなければなりません。
 

性別が同じでも、1つの同じ出来事を体験したとき、その受け取り方は人によって全く異なります。
 
それをすべて分かって欲しいと思うのは、よほどの共感力があるか、観察力のある人でないと難しいことです。
 
ですから、期待せず、きちんと自分の受け取り方や気持ちを伝えるようにしていきましょう。
 

男性も女性もみな、私の愛しい子供たちです。
お互いを認め合い、協力しあって共に成長していって欲しいと願っています。

——————-
どちらがいい、悪い、ということではなく、男女が異なることで体験できる様々なことを体験していけばいい、ということですね(^-^)b そして、『どうして分かってくれないんだろう?』と思うのではなく、ちゃんと説明しましょう、とおっしゃっていました。そうですよね~! マリア様、頑張りますので、これからも見守っていてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました