本当に許せないのは誰?

上司に対して腹が立って仕方がない、という方がいらっしゃいました。

自分はすぐさぼるくせに人には仕事を押し付けてきて、周りが忙しくても全く手伝おうとしない。

その上司がちゃんと仕事をしないのが気になって気になって仕方がなく、胃に穴が開きそう!とのことで、とっても辛そうだったんです。
 

でも、その方の話をよくよく聞いてみると、、、
 

本当に腹を立てていたのは自分に対してだったのです。
 

そんな上司なのに、その上司に何か言われるとどうしてだか逆らえない、面と向かっては文句が言えない、裏ではものすごい文句を言っているのに、本人には笑ってごまかしてしまうことが多い。

たまに感情が爆発すると言えることもあるけれど、そういうときはするっとかわされてしまい、結局真剣に話を聞いてもらえない。
 

堂々巡りの悪循環ですね。
 

これはどうしたら良いのでしょうか?
 

まず、この方に必要なのは、自分が自分自身をきちんと尊重すること。
嫌なことは冷静に『嫌です。私はやりません。』などと伝えること。
伝えてよい、ということを理解すること。
ないがしろにされたままにしてしまっている自分をきちんとケアすること。

などですね。
 

私たちの周りにいる人たちって、私たちの行動から態度が決まってくることが多いんです。
鏡の法則ってやつですね。

だから、こちらが卑屈な態度を取っていると、向こうはどんどん横柄な態度になってくる。

逆に、こちらがきちんと対等な態度を取っていれば、向こうも対等に扱ってくれます。
 

『相手は上司だ』と思うと、どうしても『言うことを聞かなくてはならない』と思ってしまうかもしれませんが、『上司という役割の人』『部下という役割の自分』というだけで、人としてば平等なんですよ。

そこをちゃんと意識できると良いですね。
 

上から目線でもなく、やみくもにへりくだるのでもなく、お互い一人の人間として対等だと思って接する。

それだけで、だいぶ違ってくると思いますよ(^_-)-☆
 

どうしてもそれが難しい、という方は、ぜひ個人セッションなどご利用くださいね(^-^)b

まずは自分にたっぷり愛を注いて、今までの傷を癒しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました